「Plant ai 展」 のご案内

0

     

    「Plant ai 展」 への出展のお知らせです。

     

    またまた非常にギリギリなお知らせをする葉っぱ屋でございます。

    今週末から約1週間の展示となります。

     

    まずは詳細から

     

     

    「Plant ai 展」

    開催日:2017年4月1日(土)〜6日(木)

    時 間:11:00〜19:00
    場 所:ギャラリー ニイク
    東京都渋谷区神宮前 4-2-19
    Tel : 03-3479-2775


    ★東京メトロ「表参道」駅A2出口より、徒歩2分(クリックでマップへGo! )

     

    ★ギャラリー ニイク ホームページはこちらから

     

    ★葉っぱ屋のホームページへはこちらから

     

     

     

    葉っぱ屋は、クローバーの小さな鉢、ミニサボテンと、
    部屋に飾れる植物刺繍絵を出展いたします。
    植物刺繍絵は、今回のグループ展に向けて、
    花の新作および、爽やかな透ける植物を展示いたします。

     

    是非見に来てくださいませ!


    ※小さいギャラリーのため、常時在廊はしておりません。
    葉っぱ屋の在廊予定は、
    1日(土曜日)16時〜19時
    5日(水曜日)11時〜13時30分

    となります。

     

    ※なお、スペースの関係上、お花等はご遠慮させていただいております。

     

     

    と、ココまでが告知となります。

     

    Facebook等ではちょこちょこと告知していたのですが、

    どうもブログにきちんと書くのがいつもこうギリギリになるのは何故なんでしょう??

    それには深〜い大人の事情が・・・特にあるわけではありません。すいませんです。

     

    壁にかけた作品は、もしも万が一買って下さる方がいた場合、

    その場でお持ち帰り頂き、そこは白い壁となってしまうので!

    実物を見ようかなという方は、ぜひお早めに!

    (とか言ってみる。フェスで経験済みだが、たいていは売れないのですけど・・雨 ね)

     

     

    クローバー    クローバー    クローバー

     

     

    今回、植物がテーマということで、これはもう参加するしかないと張り切っております。

    そこで、とても小さなかわいいギャラリーのスペースに合わせて、

    小さな作品を作ることにいたしました。

     

    しかしまたこの「小さな作品」というのは、

    以前からご指摘のあったところでもあります。

     

    ミシン刺繍という手法ですと、細かい作業であるほど、縫うのは大変になります。

    ミシンの目は自由に変えられるのですが、

    もちろん、目の粗さを変えると、出来上がりの見た目も微妙に変わって行きます。

    私は通常は1目2ミリで縫っていますが、

    今回は必要に応じて1.5〜1.8ミリほどの細かい目も使っていきました。

    とはいってもワタクシのミシンはとっても古い。むちゃアナログなので、

    1.5ミリというのもほぼ目分量です 笑い笑い

    下の写真では、1.8ミリ気分です。

     

     

    そんなこんなで、今回作った作品を少々。

     

    まずは、小さな刺繍絵。これはほぼハガキサイズです。

    世界堂にミニキャンパスが売っているのでこれに貼って仕上げますのん。

     

    前回の小人とハーブのシリーズでは、実際の植物を模して描いたのですが、

    今回は、ほぼテキトー・・じゃ無くて、創作です。

    ありそうでないようでやっぱりあるんじゃないかなという花々です。

    創作である証は、「くるくる」ですね。スパイラル。これが創作のシンボルです。

    全ての作品にくるくるが入っているのです。

     

     

     

    黄色い花。ちょっと紅花っぽいかな?

     

     

     

    これはチャイブのアレンジ。前に小人とハーブのシリーズで好評だったのでハート

     

     

     

    なんか、ハンギング的な花。

    ハンギング系は、ふわふわ立体の方でも検討中なのですが、

    とりあえず絵にしてみました。

     

    などなど、全部で6点の新作です。

     

     

    そして、これも結構好きなテーマなのですが、透ける植物シリーズの小さい版

     

     

    今回は、木箱にピンで留めて、標本のようなイメージにしてみました。

     

    植物刺繍絵は、植物細密画の世界を刺繍表現したいという原点があるので、

    博物学的な標本とは親和性が高いのかもしれません。

     

    標本箱のために、(万が一)売れた場合、お持ち帰り頂くためのケースも作成しました。

    手をつけるまでが苦しかったのですが、

    まあ、段ボールを前にしてやってみたら以外と簡単に上手くできたと思う。

    折り畳んで、マジックテープのボタンでぱちっと留めるだけの簡単仕様です。

    マジックテープは、丸く切って貼れるタイプが売っている。便利な世の中だにゃ〜

     

     

     

    そんなこんなで、準備もあともう一歩!

    ブログとホームページのアップが終わったら、

    クローバーやサボテンの鉢をくるむための、

    ぷちぷちの小さい袋を用意しなくっちゃアセアセ

     

     

    新緑    新緑    新緑

     

     

    それにしても、あーたん、君は可愛すぎるよ!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    books

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM