アウトレットのMac、タイムマシンでの移行、そして元のまんまのCS

0

    JUGEMテーマ:Macintosh

     

    「しつこくAdobe CSを使い続けたい、頑固だけどしっかりものの皆さまへ愛をこめて」

     

    (後ろの方に、旧Macから新Macへの移行に関する注意点等があるので、

     面倒なつぶやきは適当に読み飛ばしてお進み下さいませ わらう手

     

     

    ねこ

     

    Macを新しくした。りんご

     

    しかし、新しくと言っても、実はアウトレット品、中古である。

    今回初めて、Macにアウトレット市場があることを知ったのだ。

    新宿西口のヨドバシカメラには、「アウトレット館」なるものがあったのである。

     

    黒猫 ヨドバシアウトレット館

     

    なぜ、中古なのか?

    まあ、そっちの方が安い、というのもあるんだけど、

    根本的には、Adobeの CS → CC 問題である。

    私はいちおう正規でCS Design & Web Premiumを所持しているのだけれど、

    CC(クリエイティブクラウド)が出たことで、パッケージ版のサポートが失われてしまった。

    CCというのはクラウド経由で年課金でソフトを「借用する」システムであり、

    どんなにお金を払っても自分のものにならない家賃みたいなもんである。

    家賃が払えなくなれば、はい、出て行ってください、という、

    ちょっと切ないシステムだと私は思っている。

     

     

     

     

    CSが使えなくなる前に、Macの買い替えを考えなきゃなあ・・と思いつつ、

    あれやこれやでグズグズしていて気づいたら、OSがSierraになってしまっていた。

    Sierraは今までのOSとはちと違うらしく、どうやらCSは無理らしい・・・

     

    ・・と思っていたところのアウトレット館だったのだ。

    ちなみに現在の使用機種はLate 2009年製で、OSはMarvericsまでアップグレード済み。

    現状、CS5もCS6も特に動作に大きな問題はない。

    Yosemiteは安定してないって噂を耳にしていたのでMarvericsで打ち止めてた。

     

     

    新緑    新緑    新緑

     

     

    確かに、これからの流れはクラウドな方向に向いているのだろうし、

    見ようによっては、決して悪いシステムとは言えないのだが、

    使い続けるためには「確実に毎月企業にお金を払い続ける」という、

    いわばグローバル経済の奴隷のようなものである。

     

    どうでもいいソフトや、そもそも安いものであれば、

    そうやってどんどん使い捨てして新しいものに更新していくのもアリかもしれないが、

    Adobe製品は今のところ、デザイナーが「絶対に使わないと仕事にならない」ソフトなのである。

     

    今までは、一旦購入すれば、次のバージョンにアップグレードするかどうかは本人の勝手だし、

    そもそも機能的に特に問題がなければ、頻繁なアップグレードはむしろ邪魔だったりするわけで、

    でもこのシステムでは、アップグレードしたいわけでもないのに

    毎年何万円もの使用料を取り立てられ・・

     

    私はクレジットカードの分割払いも絶対にしない。家賃も嫌い。借金も嫌い。

    課金地獄のスマホゲームも一切課金なしでやり切るタイプなのであーる。

    だって、自由業は明日をも知れない身なので、いつ使用料が払えなくなるかわからんの。

    とりあえずお金のある時に買ってしまえば、お金がなくなっても使い続けられる。

     

    要するにCCに反対って、貧乏人の愚痴か。。どくろ

     

    新緑    新緑    新緑

     

    まあ、愚痴はこのくらいにして、

     

    Sierraかあ・・CS使えないしなあ・・最新機種を購入するのはなあ・・と、

    ぐちぐち言っていたら、

    店員さんがアウトレット館に行ってみたらYosemiteやEl Capitanがあるかもと、

    教えてくれました。

     

     

    アウトレット商品というのは、店頭ディスプレイ等に使われていたマシンで、

    家庭や会社で使い倒されて中古に出回ったものではないらしい。

    しかし、クリーンインストールされた状態なので、

    アウトレット館の店頭で中身をチェックすることはできない。

    そのため、このMacが実際にどう動作するか、確証はないという。

    (それでランクがCになっている)

     

    それでも、CSが一応動作可能と言われているYosemite もしくは El Capitanが入っているのは確からしい。

    今回私が買おうと思ったのは、どうやらYosemiteが入っているらしいMacであった。

     

    定価213,620円が、148,000円、しかも翌日まで20,000円引き、128,000円で買えるという。

    しかもこれ、27インチだ。

    中身が多少不明でもここは決めてもいいんでは?

    ということで、担当のお兄さんつかまえて1時間近く色々質問しまくって、翌日購入しました。

     

     

    新緑    新緑    新緑

     

    で、届いたところで、オープニング画面から直で旧Macからのデータ移行したところ・・

    Yosemiteなので2015年くらいのMac?だと思われていたものが、

    実際はMountain Lionで、Late 2013年製でした。(ここが安さの秘密なわけですね)

    それをYosemiteまでアップグレードしてたものだったという落ち。

    まず立ち上げて確認してからタイムマシンでデータ移行すればきっとYosemiteになってた。

     

    思ってたより古かったのだが、しかーし! 

    これでOSをMountain LionからMarverics(10.9.5)にアップグレードし、

    現状維持、今と全く同じ環境のまま使えることになったので、

    もしかしたらむしろこれで良かったのかもしれません。

     

    さて、この機種とOSの組合せで、どれだけ長く引っ張れるかが勝負どころですな。

    プリンタードライバーだのソフトウェアだのが色々対応しなくなる日が来るまで・・。

     

     

    新緑    新緑    新緑

     

     

    今回の教訓のまとめ。

     

    1)アウトレットは安くてわりかし良品。但し中身の確認が事前にできないことと、

      メーカー保証外なので、不安な人は、新品を買うよろし。

      でも、中古市場よりはお得?な気がする。

     

    2)ヨドバシカメラで購入する場合、ゴールドポイントのアプリがスマホにあれば送料無料

      もちろん通常のポイントが付加されるので、見えない値引きもさらに追加されるってことだ。

     

    3)店頭にあるスペック情報や入っているOSからでは製造年は分からないので、

      スペックを写メして一旦持ち帰り、どの時期のシステムか、事前に調べると良い

      グーグル先生にいっぱい質問すれば、きっとわかるはず。

      (このプロセッサーとグラフィックカードでこの速度なら○年のじゃね?とかとか・・)

      私はもう疲れてめんどくさくなってちゃんと調べなかった。。

     

     

    4)オープニング画面からすぐにデータ移行ではなく、

      一旦そのまま基本設定して開いてみて、中身を確認すべし

      現在入っているOSに関わらず、何年製のものかは、りんごマークから調べられる。

      その上でデータ移行をした方が良いです。

      私は開いたらいきなりOS10.8に下がっててたまげた。

      結局再度初期状態に戻し、AppleID認証してMarvericsをインストールしてOSを合わせ、

      タイムマシンからデータ取り込みし直しました。これで完璧でした。

     

    5)やはりデータ移行は断然タイムマシンのバックアップから行うのが便利

      大事なソフトは、事前にチェックし、認証解除などの処理したものをバックアップすること。

      シリアル番号の再入力が必要なソフトもあるので準備しておくこと。

      私の場合、Bindは事前に認証解除。それ以外は、データ移行にトラブルがあった場合、

      再度バックアップできるようにそのままにして、

      移行成功後にアンインストールや認証解除等の手続きとりました。

      タイムマシンからのデータ移行ならば、移行中に旧Macで色々と調べ物をしながらできるし、

      面倒なメール設定だのもそのまんま移行される。

      思っている以上にそのまんまの状態が維持されます。なので、

      移行した後、使っているソフトを都度開いて確認するだけで良し。らくちん。

     

    6)古いMacを譲渡する場合は、クリーンインストールだけでなく、

      ソフト及び本体の認証解除等、お忘れなく

      (iTunesの認証解除、Adobeの認証解除など、手放してからではできない

      クリーンインストールでは、買った時のOSを再インストールってことなので、

      最後にAppleからダウンロードしたOSまでアップグレードしておきませう。

      私の場合は、そのまま不必要なもののみ消して譲渡予定なので、

      本体の名称変更とかがちょっと面倒くさかったよ!

      ユーザフォルダってどこ?コマンド打ち込んで移動?なにそれ?

      ホームディレクトリってどうやって変えるの???てかんじ。

     

      

    おまけ:MacOSを再インストールする方法

        Macのホームディレクトリ名変更の方法

     

      いつもながら、グーグル先生、というか心優しいギークの皆さまに感謝ハート、です。

     

      

    新緑    新緑    新緑

     

     

    たぶん次の買い替え時期がきたら、さすがにもうCCしか無い時代になるか、

    もしくはもうAdobeじゃなくてもいい時代になっているだろう。

    もしくはもう仕事でデザインなんてしないでいい時代かもしれない。

    Macどころか自分自身がおんぼろである・・アセアセ

     

    田舎で家庭菜園とかやって、もうinDesignなんか使わずに、

    iPadだけで十分という人生ならそれはそれでも良し、だね。

    とりあえず現状復帰でちょっぴりアップグレード、良かったです。

     

     

    追記:田舎暮らしに思いをはせつつ、デスクトップピクチャを

    イギリスはコーンウォールの緑の丘と海、そして羊と雲と空の画像にしました。

    心が洗われる・・・

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    books

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM