「ふくふく暮らし小物展」、神楽坂、隙間植物

0

    さてさて、またまた告知が遅い葉っぱ屋ですが、
    2016年1月5日から16日まで、東京・神楽坂 temame にて開催中の、
    「ふくふく暮らし小物展」に出展しております。

    神楽坂 temame は、手作り雑貨ショップ&ギャラリースペースです。

    今回葉っぱ屋は「縁起物」の展示ということで、クローバーグッズのみを出品しています。

    その他の作家さんの縁起物グッズもとても素敵で、
    これで今年も福を呼び込みましょう、という、ささやかなハッピーな展示なのです。


    詳細は以下

    「ふくふく暮らし小物展」
    2016年1月5日(火)・16日(土) 11:00〜18:00(日曜定休)
    ギャラリー・ショップ+カフェ 神楽坂 temame(てまめ)
    〒162-0828 東京都新宿区袋町2番地1−C
    Tel. 03-6228-1600





    地下鉄有楽町線や南北線ならば飯田橋駅のB3出口、JR飯田橋駅ならば西口を出て、
    神楽坂通りの反対側の歩道に渡り、坂を上がって行きます。
    大江戸線や東西線ならば反対の大久保通りからアプローチですね、そっちの方が近いですね。

    それにしても、神楽坂って飯田橋だったんだー!!
    などと、とても東京生まれの東京育ちとは思えない、
    ずっと新宿区の学校に通っていたとは思えないようなアホな驚きを覚えるわたしです。
    搬入の時は自転車で行ったので、駅とか関係なかったんだもの・・(言い訳)

    さて、坂の下から登ってくる場合は、唐揚げ屋さんの角を曲がって少し歩いたところの
    右手のビルの通路を抜けた奥です。

    大久保通り側から来ると、最初の曲がり道になります。
    正面に案内の看板発見! なんだかかわいいな〜。



    temameのロゴマークが針金で出来てる!芸が細かいです!!



    ビルの入り口にも看板出てます。
    このまま通路を抜けると・・・



    奥の方になにやら白いオブジェが見えて来て・・・



    その向かいに「temame(てまめ)」さんのドアが!!

    中に入ると、ふくふく小物たちがお出迎えです  招き猫 富士山



    今回の展示は、全てお店の方にお任せしたので、
    どんな風に飾って頂けるのかとても楽しみでした。



    在庫と思って複数お渡ししていたチャームたちを
    複数並べて頂いていたのですが、
    このように展示したことは今までなかったので、とても新鮮!ハート
    一点一点微妙に違うということが分かって頂けるような展示になったのではと思います。
    感謝です。



    それにしても、まったくもってクローバーだらけですね!!クローバー
    福、というよりも英語のLuckyという雰囲気ですが・・


    temameさんのギャラリースペースは、壁のすこしかすれた感じや、手作りの味の出た棚など、
    とても良い雰囲気で、落ち着きます。
    そうか、こういうお店は神楽坂にあったのか・・!

    京都に行くと、こういう、アンティークっぽい雰囲気のお店を結構見かけるのですが、
    東京は、ビルの中などの、ぴかーっと奇麗なお店が多いとばかり思っていました。
    同じ新宿区でも、古い町は違うなあ。
    神楽坂、やっぱり良いなあ。



    なんといっても、名前に「神」と「楽」が入ってますもの、
    なんだか神々しくも楽しい名前で、それだけで良い「気」が入ってきそう。

    でも、駅から出たすぐあたりの坂の下は、パチンコとかチェーン店とかが増えて、
    あまり情緒は感じられませんでした。そういう時代ってことですよね。

    とはいえ、古いお店も細々と残っていて、
    少しほっとするのです。



    こういう雑多な感じとか、



    明らかにおばちゃんが作っているお惣菜のお店とか・・・


    新緑   新緑   新緑


    やはり、手作り雑貨というものも根本は同じことなんですが、
    人の手が感じられるものが、いかに人に近しく優しくなじむのか、
    人の手で作っていると感じられるお惣菜が、いかに美味しく感じられるのか、
    そういうことを当たり前のように営んできた町の精神を、
    どんなに現代化されたとしても、根っこのところで忘れてはいけないと思うのです。

    そういう精神をなんとか引き継ごうとしている、都会のなかのひとつの町で、
    あくまでも手作りにこだわるものづくりびとたちが、
    手作りのものたちを大事に扱う小さなお店のギャラリーで、小さな福を配るということは、
    とても小さなことだけれど、とても良きことなのではないかと思うのです。


    新緑   新緑   新緑


    お店の裏に、朽ちた階段を発見。
    こういうの好きなんだよなあぁ・・・
    坂の町ならではの段差なのかしらねえ・・・



    そして、お店への路地のコンクリート壁には、
    隙間植物がしっかりと。



    なかなかの上玉です。
    もう、生け花的な気品すら備えております。


    それでは皆様、良い一年になりますように!!
     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    books

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM